Woman.excite

サンディエゴから

f0207969_1220758.jpg

f0207969_1220717.jpg

f0207969_1220794.jpg

f0207969_1220763.jpg

去年の2月と
6月にサンディエゴに行った時のフォト


パラカシーノのホテルのテレビ画像をパチリ
真ん中が私

PALA CASINO HOTEL AND RESORT SPAのなかのカジノ


マリアのダーリン

人気グループ元ABBAのVOCALだったパパダディ(私がそう呼んでいる)現在は芸能プロデューサー


歌ははんぱなくうまい


夜遅く知らない国際ナンバーから着信


「…元気?私よ!どうしてる?」


セレブお姉さま友達からの突然の電話


十年来のモロッコ人の友達からの紹介で


去年、私は彼女達に会った

モロッコ人のJは
私とコラボするといいと閃いたんだそう


そして、私はサンディエゴで公演をすることになった


この先はスピリチュアルな話が嫌いな人は読まないで下さい

クレームは受け付けません(^o^)



〇さんは
福島の資産家のお嬢さんだったんだけど

ご両親が亡くなって
兄弟やそのお嫁さんとの

ドラマのような遺産争いに巻き込まれ

その最中に会い


いろいろ相談を受けていたのは
ちょうど、一年前

失意の彼女をただ励ましてアドバイスしていただけなんだけどね


あと、あまりに絶望していたので

私の特技をいろいろ使って、彼女の親戚のおうちのなかの様子を見たり(普段はやらないし、よっぽどでないとやらないのでご心配なく)


何を企んでいるかを教えたり
対応策を考えたり…


一番気の毒だったのは
お母さんの形見を
弟のお嫁さんが

何もよこさないというものだった


目を閉じて
義妹さんのクローゼットの中を見て驚いた


たくさんある


それだけのために
新しくタンスを買ったね

二つ並んだ左のタンスに


たくさんの着物や宝石類

お母さんが彼女に遺した積立預金通帳までありました


亡くなったお母さんとも話をすると

とくに、コーラルピンクの珊瑚の指輪は色白の彼女にと買った物で
お嫁さんが持っているのはすごく残念だという


理由が面白くて


「嫁は痩せぎすで色黒だから珊瑚は似合わない、色白でふくよかな娘に選んだもの。何であんな強欲な女を息子は選んだのか。ふがいないし悔しい…」(私が言ってるわけではありません!)
お嫁さんは


世話をするふりをして
いつも義理のお母さんの金目の物を持ち出していたのです

義理のお父さんの財産もそう。


弟夫婦はお姉さんをホームレス呼ばわりし
「家には来ないでくれ」と言う


彼女は、たった一つ取り返した
自分がお母さんにあげた指輪だけ握りしめ

住む場所のない日本から

またサンディエゴへと帰って行ったのです


「貴女には自由があるじゃない。暖かい友人がいるじゃない、絶対に夢はかなうよ、大丈夫。その人達は哀れな人達だよ。きっと、いつか後悔する。彼らが大変になっても誰も助けないよ。連絡取らないほうがいい」


弟さんが頭が上がらない人に相談したらいいよ、その人から言ってもらえば?とアドバイス


すると、体裁が悪くて、数百万円だけくれたそう
本当は億単位なはずなのに。


最後は、もうお金に執着するのはやめて

明るく楽しく生きると決意したのです


今は、明暗が別れたと思います



今は、彼女の夢がかないました


素敵な婚約者と
サンディエゴのメキシコ近くのプール付きの豪邸?に住んでいます


昨日は婚約指輪を買ってもらったという

ハッピーな電話!


すごく嬉しかった

涙が出そうだった
幸せになってね!


彼女の婚約者とも話して

「君と話せてすごく嬉しいよ。明日にでも来ていいから。いつ来るの?」


落ち着いたら行きます!泳げる時期に!もちろん踊りもね!



Nefertari

http://nefertari.exblog.jp/

rosebankcompany@nifty.com
[PR]

by bellydance-sumiko | 2011-04-08 12:20 | 日記 | Comments(0)
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム