Woman.excite

ダイアナ妃の悲劇

f0207969_1223883.jpg

これは、ある日の私の自宅での

ブリティッシュスタイルのブランチ


大体、私の食事は簡単で
しっかり食べるけど
あまり、どっさり食べない

お腹がもたれると
踊れなくなってしまうから



最近、ニュースで
ダイアナ妃の息子さんの王子様の婚約の報道があった


わたしはびっくりした
婚約者の指輪が
亡きダイアナ妃の

婚約指輪だというのだが

素敵なブルーサファイアなんだけど

当時、たったの350万円で、

そのくらいだったら
私ももらっている


エリザベス女王が
さすがに
もっといいものにしてくれないかと


彼女に言ったそうだが
彼女は
気に入ったからこれでいい
と押しきってしまった


庶民の人達は
なんて等身大で素敵な人なんだろうと
感激したかもしれないけれど



エリザベス女王はどうだろう

女王として母として

プライドは傷ついたに違いない



仮にも世界に冠たるイギリス国王になる王子のお妃様の
大切な歴史に残る婚約指輪が


たったの350万円の安物だなんて!

おもちゃやさんで
飴玉みたいな
子供の指輪を選んだ
ような物の価値もわからない

頑固な

次期王妃に
がっかりしたにちがいない


最低でも数千万クラスにしてくれないと
世界中の王室から

いい笑い者である

上流階級の人達は
あからさまに言わなかったりするけれど

「質素で倹約されて素晴らしいお妃さまだわ」

などと言われたときには
かなりないやみである



私だったら

「お心遣い、いたみいります
ありがとうございます」


と言って
女王様とあらためて
新しい指輪を相談したに違いない


だって御母様になる方なんだよ!


大好きな彼のママなんだよ!



私はダイアナ妃が大好きだった


真剣に彼女はチャリティをボランティアをやっていた



彼女が亡くなったときに時代の損失だと痛感した


時代の寵児で
国と宗教にまたがる被害者だと思っていた


ただ

エリザベス女王も
気に入らないお嫁さんを
妥協したに違いない


本当は可愛がりたかったのではないか


彼女が何か新しいことをするたびにエリザベス女王は
けなされてきた


いいのか悪いのかわからないが

エリザベス女王も頑張っていたに違いない


ダイアナ妃は
最期まで
王妃になれなかった

そして
決して許されないことを彼女は選び


はるか昔から
イギリスと犬猿の仲のフランスで…


それ以上のコメントは控えますが


フランスの
彼女が亡くなったトンネルのところに


一輪の薔薇の置物と一緒に

月の女神DIANAに捧げる

と記された碑に

何年か前に手を合わせたとき



死のカーチェイスの様子が瞼の裏に走馬灯のように浮かんだ


彼女は必死におなかをかばっていた

彼は彼女を抱き締めていた

チラチラ後ろを見る運転手

横には車が

急カーブ

「ここあたりでダイアナは亡くなったんだよ」

とフランスの知人は言った


運転手は生きていた


救急車はなかなか来なかったそうだ…


病院でも
まだ生きていたのに…


彼女は伝統やしきたりより
一人の人間としての人生を歩みたかった


それは
許されなかった


彼女の悲劇は

婚約指輪から
すでに始まっていた


私はそう思いました



Nefertari sumiko

http://nefertari.exblog.jp/

rosebankcompany@nifty.com
[PR]

by bellydance-sumiko | 2010-11-20 12:23 | 日記 | Comments(0)
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム